2005年07月02日

半夏生鯖

はんげしょ または はげっしょさば と読みます
05070219030377.jpeg
えぇと、戦国時代に隣市(大野市)の殿様が、夏負けしないように疲れた領民らに焼いた丸鯖を食べるよう奨励したのが始まりだとか・・・確か
半夏生鯖

昨日も食べましたが、脂ノリノリで胃にキツイお年頃・・・(´д`;)
妹と半身でイッパイイッパイ。げふ  丸1匹なんて  無  理
まぁ例年夏バテには縁の無い体型してますがね  ε=ハハン

大学時代ですが、みーた(子桜)も当時から一緒に暮らしていまして、
まあ それほどなついてもいなかったんですが。フツーの手乗りインコでした。
やはり 鳥 ですんで、朝一 夏は4時過ぎの明るくなったら起きて鳴き始めますわな。
やかましいわ(~д~;)ヾ
夜型のウチは 大変閉口しまして、
アパートの締め切った真っ暗な窓も無い玄関に鳥かごごと置いとくことにしました。
 安 眠 は 守 ら れ た (惰眠)。
とか 思ったら大間違い。

都会のヒートアイランドん熱帯夜をなめちゃいけませんでした。
小桜インコはアフリカ原産〜 なんて 昼近くに起きたシにゃぁ アンタ
熱中症でぐっらり動かないみーたに ビビるってなもんで。

横浜の鳥が分かる動物病院へ電話し〜の
鳥に詳しい先輩に電話し〜の
心入れ替えて エアコンの部屋にみーたかごを置き替えて
脱水と栄養不足にならないよう つきっきりでした。
・・・学校どうしてた?この期末シーズンに・・・
↑記憶にない

おかげでなんとか みーたは回復し、
副産物として、ウチにべったり黒ハートなつく効果と、夏中エアコン回しっぱの電気代がもたらされました。とさ

ニックネーム ナガ at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ウチの鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする