2005年11月10日

そういや終

7月15日〜11月3日で、恐竜博物館の特別展「大空に羽ばたいた恐竜たち展」が終了しました。
中国初出の始祖鳥「華美金鳳鳥」と、
ドイツの始祖鳥(幼鳥)「アイヒシュテッド標本」をメインに
羽毛恐竜らの標本が 展示されていたんですが、
見に帰省したいって言っていた 友人・朱梨ちゃん
来たのかな・・・?

05110923350636.jpeg
迷ってたけど 結局 最終日に
羽毛恐竜のぬいぐるみ買いました。
てっきり 「中華竜鳥」だと思ってたのに「ヴェロキラプトル」とは・・・
販売はU.S.A.のミュージアムですが、製作はCHINA だって。
コラボレ-ト?

いいやん、中国製なら「中華竜鳥」で。
でも、この足の黒い爪は 「ラプター」を摸しているのか。。。

ニックネーム ナガ at 23:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 博物館日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あんま関係ないけど、こんど大阪に来てるSUEタン(でかい)見に行きます♪楽しみ楽しみ
http://www.asahi.com/dino2005/news/TKY200412170220.html
Posted by はるか犬 at 2005年11月13日 00:51
                 スーザン・・・
スーですな。この世で一番でかいティラノサウルス全長13m。噂には聞いています。
興味ありますねぇ。科学博物館より近いし。

ところで、恐竜博物館での特別展・展示品も、全国見世物行商に旅出てるそうで、勝山に戻るのは1年ほど先になるらしいッス。
中華竜鳥ちゃんに会えないよ・・・・。
Posted by ナガ at 2005年11月13日 23:55
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/112524
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック