2005年07月14日

電車男 見ました(2話)

慣れちゃったのか 1話目ほどのインパクトは感じなかったですね〜。
恋のために自分を変えるって すごいな。
ウチも ちょっと改造せねばならないような気がする。
大阪に嫁に行った友人にも言われたが。

動物や妖怪にうつつ抜かしてないで。

で、ボヘさんから またまた電車での出来事メールが届きました。
週刊化する気ですか。ボヘさん・・・(笑)ばっちこーい!

以下メール原文まま引用。「またしても電車に・・・

どうやら縁があるらしく・・・
こないだ山手線に乗っていたら、目の前の男の人(ちょっとやんちゃな感じの人。麦わらイケてる帽子チックなのをかぶって、足のつめに黒いペディキュア塗ってた。25歳くらいの人)が、相当疲れていたらしく傾きながら寝ていたのね。
いかにも誰かの肩を借りて寝たい!みたいな。しかし隣の人は最初いなかったの。

だけど、2、3個駅過ぎたところでサラリーマン風の男の人(たよりない感じ。私と同い年くらいの人)が乗ってきて、その寝てる男の人の横に座ったの。
当然、麦わら君は横のサラリーマン君に寄り掛かかって寝始めたの。
そしたら、そのうちにサラリーマン君も寝始めたのよ。
でも、その様子がちょっとおかしくってさぁ。
麦わら君とサラリーマン君が非常に仲が良さそうに、幸せそうに見えるんだよね。

どうなってるかっていうとサラリーマン君も麦わら君に寄り掛かっているわけ。
私は最初、全く気付かなくてさ。
・・・・・・ん?なんかおかしいなぁ。って隣にいるのは男の人でしょ・・・・?
って考えてやっと、あれ?もしかして,これって・・・って思ったのね。
よくよく観察すると、そのサラリーマン君は明らかに確信犯で、ちょっと起きて目開けて、また寝て。麦わら君に寄り添って。って繰り返してたよ。
その後、私は目的の駅で降りたんだけどあの二人はどうなったのやら・・・・
もう、電車の中は楽しすぎて眠れましぇん!!
しかぁし、その姿は微笑ましかったわ・・・・・」


ボヘさん、今回はトラップに掛からなかったんだね。良かったね。
むしろ トラップに掛かったのは麦わら君でしょう。
脳が覚醒した麦わら君を 想像するだに・・・・っ(爆笑)
いやぁ ほんとにどうなったんだろうねぇ(´∀`)

ところで ボヘさん?最近流行りのみょ〜なジャンルの漫画を読んだんではあるまいね。
ここの文、中ほどから見てみ?生で見れるなんて貴重な体験よ?

ニックネーム ナガ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 友人列伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/25552

この記事へのトラックバック