2005年09月24日

愛・地球博 エピソードV

大地の塔 万華鏡 友人の写メで
050913_170306_M.jpgマンモス撮影禁止ですから

インターネット事前予約で、ナビゆみょ(友人)が
大地の塔と
マンモスラボを 取っておいてくれました。
居並ぶ通常行列をすり抜け(越)
館内はなんとか涼しかったです。でも座れないのね。クタクタ

テレカサイズ厚さ5mmくらいの機械を渡されました。
角っこを耳に突っ込んで
アンテナの下に来ると
説明が聞こえてくるシロモノ だそうで。
観光地案内ラジオや、博物館の解説無線みたいなヤツですな。
・・・・・・・使えねぇ(´д`;) いや正確には使い勝手が悪い です。
今後の改良に期待!! _| ̄|○

オレンジロード(エリア?)ではマンモスの牙に触れました。
なま。(化石ではないようなので)
でもたっぷり保護剤塗ってあるので(当然)つるつる。

鳥バカ/ナガが興味持ったのは、
兵庫県立コウノトリの郷公園のコーナー。(無論)
ううう とうとう9/24が野生復帰計画・放鳥の日。
すげーホントにこんな日が 来ちゃったんだな・・・
今年の6/20に福井県から行った「武生」は死んでしまいましたが、
その子供たちが ちゃんと生きて増えていってるのは嬉しいことです。
「武生」は剥製になって、
来月末 故郷の武生市に帰郷するそうな。
でも、来月って合併で「武生市」なくなっちゃうんよな。寂。

さて、コウノトリのライブ飼育映像のあと
音声機械を返却すればマンモスとの御対面〜 
ゆみょ『ナガちん、前と後ろどっちがいい?』
ウチ「?????・・・うしろ?」
何のことやら。二人乗りの設備でもあるんか?

マンモスから手前の動く歩道 or
マンモスから奥で1段上の動く歩道
の事でした・・・。
乗ってから気付くウチ・・・_| ̄|○


遠い  と お い よ  マンモスから遠い。
悔しいのでカニ歩きで逆走しつつ見続ける。
ゆみょ『ちょっとぉ〜あせあせ(飛び散る汗)
ウチ「いいやん、後ろ誰もおらんねし。」
流石に監視員のお兄さんの無言の視線がイタイ。

毛も生えた生肉の筈なんですが、
屍蝋化してるみたいに まっちろ でした。
足の裏もこっち向いてましたが ヒビヒビ揚げせんみたいですたねぇ。で まっちろ。

ニックネーム ナガ at 02:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 博物館日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/74206

この記事へのトラックバック