2005年09月30日

大洞の泉

↑と書いて「ほらのみず」と読む。確か。

162-6281_IMG.JPG咲さん もいっちょ

何年もかけて先人が 手から餌をとってくほどに野鳥を馴らした、魅惑の聖地。(ネットに書かない方がいいんかな (・_・;)

大学1年に 部の先輩に連れて行ってもらってから、
大変 お気に入りの場所となり、
引退まで 毎年ツアーに参加していましたね。

何度か行った事のある 人間を共にしないと
大抵たどりつけない。
キツネもいないのに 同じ場所をぐるぐる回ったりして。
(いや いるかも知れんけど。)
ジワジワとガソリンとおしゃべりが削られていく ダンジョン状態。
周りはペンションだらけなのに(しかも隣近所間隔が広い)。
〔山本山〕の看板がなんとなく目印。今もあるんかな?

テケトーに駐車して 林の坂を下りると
小さな湧き水がありまして。
ここが冬でも安定して水が飲める野鳥の憩い場なのです。。。
部員でみんなしてしゃがみ込み、
切り株なんかに ピーナッツ、ひまわりの種を置いておきます。

ツチツチツチ ピツーピツー ジャージャー

カラ類の声がすると 全員声は出さないけど 顔だけオーバーアクション
こっち来た
乗った
避けられた フェイントかよ!
乗ったままだ〜揺れるハート

大騒ぎ(脳内)。

ちなみに ウチが用意していたのは
牛の脂身ブロック(¥10)
同級生&後輩らから 怪訝の目 でしたが、
結果は まぁまぁ。 可も不可もってトコで。
だって「野鳥を庭に呼ぼう」って本には、脂身入り金属ネットって載ってたし。

ちなみにここ、野鳥写真家のメッカでもある。
比較的近くで 水浴び写真とか撮れますんで。(まぁやらしい)
直径10とか20cmのでっかいレンズ、スワロフスキーとか十何万円もするよーなヤツつけた これまたニコンとかのド高いキャメラで カシャ=カシャ= やってました。
すっげ・・・・
でも 大概アマチュアさん多い。趣味ですか。
すっげ・・・・

ニックネーム ナガ at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ソトの鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/79374

この記事へのトラックバック