2005年12月22日

またヤマドリが(TдT)

今日も雪ひどかったですな。
おかげでお客さん来ないったら来ないったら。

でも招かれざる珍客はあり
といいますか
どうせなら 生きて入って欲しかったんですが

またもやヤマドリが・・・・!!

ガラスに激突死した模様。(ー人ー)南無
見に行ったときは 既にシんでいましたが、
あたたかく 死後硬直も 始まっていませんでした。
なんでよりにもよってこんな連続で 
ヤマドリ事故死しますかね。(;へ;)
05122223000714.jpeg散った羽 少し頂いて来ました。

で、
動物専攻の I 先生が シ骸を案の定欲しがっていましたよ・・・
漂白して 骨格標本作るんでしょう。・・・イイニオイしそう(オイコラ)
個人的には 埋めてあげたいですがね。。。
でも
羽 でたら 下さい  と予約。
ホンット切り替え早いぞウチ


なんか先月から今月にかけて 死神にでもとり憑かれてるのかウチ(´д`)

ニックネーム ナガ at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ソトの鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月21日

なんだコレ??

昨日は休みで 久々の落ち着いた天気でしたので、
外出ついでに九頭竜川の水鳥を撮ってみました。
大野勝山境の下荒井です。

あいにく 双眼鏡を持っておらず、
まあ、テキトーに撮って、後でいいのあったら儲けモノ
な ん て 気軽に撮影してきました。
マガモ カルガモ ばかりだな〜と 思っていましたが。
めっぱいズームズームズーム♪
 ああ、父のデジカメは性能いいなぁ(己で買わない人)


チェックしてみると 案の定
マガモ カルガモばかり。あと ヒドリガモ。
例年なら、 コガモ オシドリも たくさんいるはずですが・・・。

????見慣れないカモが・・・?
web05.12.20 093.jpgこの中央のヤツ。ナンダコレ?
フィールドガイド日本の野鳥/日本野鳥の会発行〕を参考にしても
よく分かりません。
うう、この頬の白く抜けた模様、ホオジロガモか?
そうだったら ここでは珍しい。ホオジロガモの若鳥?
でもなーでもなーでもなー それにしては大きいし〜(~へ~;;;)

うーんうーんうーんたらーっ(汗)
結論 マガモ オスのエクリプス(冬羽に換羽中)! か と 。思うんですが・・・・・・ワカンネ
どなたか 見当付く方いらっしゃいます?
web05.12.20 097.jpgテキトーに撮ったらアオサギ休憩中

ヤマドリについて
ニックネーム ナガ at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | ソトの鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月19日

ヤマドリ・・・!オイ?

05121914550706.jpeg画像が粗い・・・;

日中、仕事場で 警備員さんが教えてくれました。
『窓の外、穴掘ってるワ。かまくらや。』
ウチ「?ナンデスカ。子供が外で遊んでるんですか。」

一瞬、まっちろな雪原には 何も見当たりませんでしたが、
ふと 下に目をやると こぽん と直径30〜40cmほどの穴が。
そこから細長いススキの様のモノがぴんっ と。
ひょこひょこひょこひょこ動いて
うあっ か わ い い オモロー♪

積雪が多いので中は見えませんが、
長い尾羽に 矢羽模様。
ヤマドリのオスです。
職場のほかの人たちにも「見えるよー♪」と伝達して
持ち場にもどったの で す が、
後から戻って来た人から 様子がおかしい と情報。

『なんかもう 動かないんだけど・・・』
続きを読む
ニックネーム ナガ at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | ソトの鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月03日

小千谷の鳩 X

ちょっと 間 空きましたが レース鳩連載・解決編。

レース脱落鳩ちゃんを ペリカン便で送った翌日
新潟のアサ社長から電話がありました。
『無事届きました。疲れてはいますが元気です。』
\(^∀^)/良かった〜〜〜

社長『お礼に 鳩の雛をあげましょうか?』
ウチ「え!?レース鳩ですか!!」
 ホァンホァンホァン(*−∀−*)
(ウチが帰宅したら、迎えに飛んできたりして〜
 で、日中は自由に 回りの山 飛んであるいてて〜
 あ でも、この辺 猛禽類いるから狙われちゃうな〜
 たくさんは飼うのが面倒だろうね〜 1〜2羽とかなら・・・)
幸せな妄想揺れるハート
母 察知『アカンよ鳩なんか。』一喝パンチ 瞬殺

ウチ「あ、いや 結構です・・・・・・。」バッド(下向き矢印)

社長『じゃ、何かまた送りますよ。』
ウチ「いえ、貴重で面白い体験できましたし、鳩かわいかったし、
  全然迷惑じゃありませんでしたから。」←本音ですよ。

後日、ビール券と小千谷グッズとかが送られてきました。
や、お気遣いありがとうございます。
しかし なんで[キリンビール]好きって分かったかな(^皿^)
ニックネーム ナガ at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ソトの鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月27日

小千谷の鳩 W

こんなに連載になるとは まさかの想定外(まとめ下手)。

さて、レース脱落鳩を拾って翌日。
どうやらすっかり落ち着いた様子で、
麦やインコのえさをよく食べています。食べるやん〜

名残惜しいなぁ・・・(´ー`)カワイ~
ダンボール箱に、えさ・水・水をこぼれない為のタオルを入れ、
鳩ちゃんに入ってもらいました。
ダンボールの上部には、明かり取りと内部確認の為に
窓を。(薄手のプラ板)

車内に置きっぱにはできず(熱中症防止)
医療関係機関だったので、職場に鳩はマズイかな(‘へ‘;)
と思いながら、コソーリ
先生方『見せて見せて(^∀^)』想定外の好評

出勤前は宅配便も開店前でしたので、
仕事場から 中抜けさせてもらうことに。
クロネコヤマトの宅急便
『生き物はあつかえません。』エー(´д`)?!
日通のペリカン便
『では、専用のダンボール箱に移し変えて下さい』
エエエエェェ(゚口゚;)ェエエエエ!?!?
続きを読む
ニックネーム ナガ at 23:57| Comment(4) | TrackBack(0) | ソトの鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月26日

小千谷の鳩 V

さて 更に保護したレース鳩の話を続けますです。

飲まず食わずで飛び続け、力尽きてしまったなら
さすがに くたくたへとへと のはず。
かごの中でうずくまり、暴れも、鳴きもしない。
(警戒か、首は起こしていましたが)
しかし
無論、鳩用の餌なんか我が家に常備していません。
何なら 食べるだろうか??

食べたいものがあれば 食べるだろう。

鶏の餌
インコの餌
米、小豆(大豆なかったよ)

晩に、再び アサ社長と電話。
続きを読む
ニックネーム ナガ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ソトの鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月24日

小千谷の鳩 U

ウチが保護したことのある 小千谷のレ−ス鳩ちゃん、勿論オーナーのアサ社長も 無事で元気であることを 願っています。
2年ぶりだが 電話でもしてみようかなぁ・・・。

さて、昨日の続き。

レース脱落から、偶然ウチが保護した鳩。
小屋から 大き目のインコ用のかごを持ってきて(めざらは外した)、
玄関に置いてみました。

レース鳩の知識は全く0ですが、社長にいろいろ訊いてみました。
レースは、1つのスタートから、各地の家まで帰舎する時速で 順位を決定します。
その間、レース鳩は飲まず食わずで 自分の家を目指します。
パワー・スピード・持久力が必要なわけです。
感心と同時に、同情も少々。
無事に帰ってくる確率は、1〜2割 と言っていましたかねぇ。。。
更に、近年は ケータイアンテナの電磁波で生体磁石が狂って、余計迷いやすいそうです・・・(´へ`;)ゴメンナサイ

レースは5/10AM6:00九州・五島列島で放鳥し、
早いものは5/13AM9:00に 新潟の社長の鳩舎に帰ってきたそうです。
5/13の夕方に福井では脱落決定だとか。
(ちょっと、レースの邪魔したかと思ってました;)
特に、この日は5月には暑く過酷で
だから、社長は この子は諦めていたそうです。
大変だよ レース鳩って。(´д`)


ニックネーム ナガ at 23:37| Comment(4) | TrackBack(0) | ソトの鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月23日

小千谷のハト

今日で、新潟の震災から1年だそうですね。
新潟方面には、知人・親戚がいないので、そういう心配は要らないんですが、
気になっている 知鳥が 1羽。

レース鳩の
・・・何番ちゃんっていったけな。1と7がある7桁くらいのbフ子。

2003.5.13 の仕事場の駐車場で
小柄な鳩1羽発見。何もないアスファルトつんつくてくてく
餌ないよなぁ・・・?
いくら根性の据わったドバトでも逃げるよ 
って距離になっても 逃げませんでした。
あれ?人馴れしてる??
足環 ハケーン煤i・A・)
こりゃ伝書鳩じゃないですか?(正しくはレース鳩でしたが)

家で鶏捕まえる要領で、後ろからぱくっと両翼を押さえました。
軽くもがきましたが、大人しく車に乗ってくれました。
いや、乗ってからちょっと暴れた;

続きを読む
ニックネーム ナガ at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ソトの鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月08日

探鳥報告in伊良湖

伊良湖でもいる時は 出る チゴハヤブサ
05091414160516.jpeg花鳥園の子

あまり見られた野鳥はいませんでしたが・・・
伊良湖地図.gif
2005.10.6(木) 晴れ AM11:00〜PM12:35
場所/フェリー乗場〜伊良湖岬〜恋路が浜
               14種
ウミウ     V
ダイサギ    V
トビ      V C
ハヤブサ    V
ウミネコ    V C
キジバト    V
キセキレイ   V C
ヒヨドリ(群れ)V C
モズ      V
ホオジロ    V C
カワラヒワ     C
スズメ     V C
ハシボソガラス V C
ハシブトガラス V C  
V=姿確認 S=さえずり C=地鳴き

備考
明け方まで雨だったため、タカ類渡らず。トビばかり飛んでいた。トビの小群にハヤブサが混じったら追い払われていた。岬にてヒヨドリの群れ1群。1度飛びかけたがすぐに藪に戻った。

まぁ、これだけでは寂しいので、3年前の探鳥記録も。
っつか、3年ぶりだったか・・・(。_。;)
2002.10.05の記録
ニックネーム ナガ at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ソトの鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月01日

トンビの鳶也

餌付けしていたんではありませんが、
前の前の前の仕事場での事。(転職多いぞ;)

ある日 ふらりとトビの幼鳥が紛れ込んできました。
フツーにトンビが来るのは 珍しい事でもないんですけど、
ミョ〜に 明らかに人馴れしていまして。

流石に触れる位置までは留まりませんが
あと 50cmってくらいには近寄れるんですよ。(´v`)

こりゃどこかで 人から餌付けされてたことがあるな。

初めてやってきたその時は、丁度お昼も終わっていて
やりたくても やれる餌がない。
さてさて 何かないものか・・・

続きを読む
ニックネーム ナガ at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ソトの鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月30日

大洞の泉

↑と書いて「ほらのみず」と読む。確か。

162-6281_IMG.JPG咲さん もいっちょ

何年もかけて先人が 手から餌をとってくほどに野鳥を馴らした、魅惑の聖地。(ネットに書かない方がいいんかな (・_・;)

大学1年に 部の先輩に連れて行ってもらってから、
大変 お気に入りの場所となり、
引退まで 毎年ツアーに参加していましたね。

何度か行った事のある 人間を共にしないと
大抵たどりつけない。
キツネもいないのに 同じ場所をぐるぐる回ったりして。
(いや いるかも知れんけど。)
ジワジワとガソリンとおしゃべりが削られていく ダンジョン状態。
周りはペンションだらけなのに(しかも隣近所間隔が広い)。
〔山本山〕の看板がなんとなく目印。今もあるんかな?

テケトーに駐車して 林の坂を下りると
小さな湧き水がありまして。
ここが冬でも安定して水が飲める野鳥の憩い場なのです。。。
続きを読む
ニックネーム ナガ at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ソトの鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月29日

鳥の友達

正しくはステラーズ・ジェイ というそう。
162-6287_IMG.JPG咲さん
こちらも はるか犬さんからのお土産写真(≧∀≦)

はるか犬さんが 毎夏行くカナダのハンソン島。
夏の間だけオルカラボのスタッフが集まる 無人島だそうで。
そこでの鳥友達(まんま)が、こちらの咲さん。

ラボの寝室ではるか犬さんが朝寝していると
コツ コツ ☆
と ノックをする。
〔ナッツをよこせ〕という合図。だとか、これ。

ナッツを出してあげると 人からはギリギリの距離を保って取っていく。
やっぱ 野生動物ですな。
くぁ〜〜〜〜羨ましい!!
ウチもいっぺん行ってみたいなぁハンソン島。
そして 咲さんを 見たい。

山梨の大洞の泉(ほらのみず)のカラ群 思い出します。
学生時代、部の有志で行ったバーダーポイントでして。
ひまわり種やナッツを手に乗せて待っていると、
根性の据わったヤツ(大概ヤマガラ)が手に乗るんですよ〜。
こちらも また行きたい。
ニックネーム ナガ at 21:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ソトの鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月24日

コウノトリ放鳥

なんか、ビミョ〜に放鳥のライブ配信 気になっていました。
コウノトリの郷公園で 飼育したコウノトリの放鳥があるって知って・・・

仕事日でしたがね。

晩になって、HPで再配信とかないかな
とか 思ってましたが、ありませんでした。ちっ

うっかりぼんやりしてたんで、ニュースとかも見てません。
このあとのニュース番組 待とうかな・・・
明日も仕事日ですがね。

しかしな〜、いくら野生に返すっても
放鳥された子らには 過酷ですよな。
保護された野鳥が、野に帰るのと
生まれたときから動物園鳥が、野に放たれるのと
状況ははるかに厳しそうだ。
渡りの本能とか どうなのかな?
ニックネーム ナガ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ソトの鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月30日

身近な疑問として

ジャガイモを放っとくと 根・芽が出るのは知ってますが、イモまでならすのは初めて見ました。
おもろいのでキッチン水栽培します。
05062118270372.jpeg自然の驚異

帰り道の農道をキジのオスが横切って行きました。
けけけけけけけけっ と足早に。
じっくり見ようと車のスピードを落とし、助手席側から覗いたら、
あぜ道からバタバタと飛んで行きました。

・・・初めから飛べばいいやん。

何故か飛べる鳥らって、逃げる時、エライ勢いで脚回転させて 走って逃げますよな?てててててて〜 って。
ウチのみーたもそうなんですが、何でやねん みーた?(身近な鳥に聞いてみる)
かわいいので OK

ニックネーム ナガ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ソトの鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月23日

探鳥報告 やりなおし

昨夜は、寝不足で鳥見して遊び行って居眠り運転して仮眠してゆかちーとモスで喋ってナガ風呂してビール飲んだら、くてくてしてブログがちゃんと書けてませんでした。(゚〜゚;)
04123012210227.jpeg
小雨あがりだったので 涼しくて良かった♪
杉林と苔がいい雰囲気なんですよ。平泉寺。
本殿から奥の院は山道状なんで、参拝観光客もあまり来ません。
キビタキのさえずりが響いて 一気に ひと気がなくなります。

そこで サンダルは キツイっすよ、アサヒさん(´△`;)
初心者とはいえ・・・

ううう 声はすれども姿は見えず。
よく聞く声を ヒヨドリだヤマガラだキジバトだと教えますが、
やっぱ、Visionが先ですよな。初心者が 鳥 覚えるなら。

夏に 白山登山をひかえたアサヒさんは 短気にさくっさく参道を登ります。
 《m(´a`)/ ま  待って・・・ ゼーゼー
(張るのも 探鳥のコツなんですが ね。)

ヒタキ♀に50cm前を横切られ(ばかにされた?)
こっちこっちアサヒさん! って
アサヒさん ずっと先にいるよー_| ̄|○


なんとか1羽 望遠鏡(プロミナ)に入れられて、アサヒさんに見せてあげられました。 よ 良かった・・・!
しかも ビビッドな山吹色も鮮やかな キビタキ♂!!!

鳥果(釣果でなく)はイマイチでしたが、じっくり見れたキビタキにアサヒさんも満足 & ハマリの兆し。
なんとか面目 立ちました かな?
続きを読む
ニックネーム ナガ at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ソトの鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月22日

探鳥報告

家周りにホタル出現
20050620_2103_0000.jpgホタル撮るの難しい。

本日休暇ですが 頼まれ事でAM6:00起き。

母友人 おみやげ屋さんのアサヒさんから野鳥を教えて欲しいと要請。
久々の鳥見でもあるし2つ返事で。
ただ 早起きだけつらかった ・・・・・。

県内でも 大型の神社でして、お客から「どんな鳥いるの?」と訊かれるんだとか。
しかし 声はすれども 姿は見えず。
すっかり鳥見力 落ちてますた・・・大学の同じ部員には 言えねぇ。
ガク

ニックネーム ナガ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(1) | ソトの鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月14日

人と鳥との共生

焼身照明ツバメの巣
05061317410355.jpeg
心配です。
照明の熱で熱くならないのか、
強風でアオられないか、
育つにつれバランス崩さないか。
ほんの1.5mずれりゃしっかりした柱も梁もあるのに。

ただ、このホームの管理人さんは思いやりある人達らしく、
「頭上 ツバメの巣 注意」結構目立って分かりやすい張り紙。
の柵つき糞受けを真下に置いています。

田舎のJR職員は、やさしい ひま人。

この照明デザイン、いいな。親鳥と趣味合うな。

ニックネーム ナガ at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ソトの鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月06日

初時鳥

みーた のけぞり
041203そりみーた.jpeg
夕方に庭先でホトトギスが鳴いていました。夏ですな。
イントネーションといい、音といい、ほんと 特許許可局 っつってるように聞こえます。
ニックネーム ナガ at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ソトの鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする